その他特殊機器

フリッカおよび高調波補償装置

カタログデータダウンロード

補償装置とは?

トンネル工事等でフリッカや電圧変動および高調波により障害が生じた時、これを補償する装置である。

フリッカ障害対策

フリッカ障害対策としては、需要家における対策と電源系統における対策があります。なおフリッカでは需要家の許容値(ΔV10、ΔV値)が電力会社によって規定されており、許容値を超える場合、なんらかの対策を採らなければなりません。

高調波障害対策

高調波とは「ひずみ波交流の中に含まれており、基本波の整数倍の周波数を持つ正弦波」と定義されている。電流のひずみで、電路や接続機器に悪影響を及ぼす性質を持っている。需要家が行う高調波対策は、高調波抑制ガイドラインに明記されており、これに従うことになっている。

補償装置として所有している機器がリアクトル可変型(TCR)補償装置とインバータ抑制方式のアクティブフィルタ補償装置である。

アクティブフィルタ補償装置【ニコチン製 A-HiQC】

電圧型インバータと系統連係用リアクトルにより、負荷の無効電流を打ち消す逆位相の電流を瞬時に連続的に出力し、配電線の電圧を調整する装置です。
reactTCR


フリッカ抑制装置A-HiQCの特徴


1.さまざまな種類のフリッカに対応
電気溶接機、クラッシャーや土木工事の機械などの性質に応じた対策が可能です。           
4.著しく高い制御効果      
0~全容量間で連続可変し、しかもダイレクト制御方式採用により、種々のフリッカを効果的に制御できます。             

 

2.高速応答           
基本波無効電力制御することによって、進相無効電力を無段階に制御する。高調波抑制に対応し、応答時間は2msと高速にて対応する。    
5.力率改善にも対応       
フリッカ抑制の対応で無効電力制御を行うため、対象負荷の力率も改善する。             

 

3.フリッカおよび高調波に同時対応
アクティブはモード切替によって、フリッカ単独モード、高調波単独モード、フリッカ・高調波同時モードの切替えが可能である。     
6.設備工事が簡単        
設置現場では、裾付配線工事が簡単にできるような設計仕様になっています。             

 

リアクトル可変型(TCR)補償装置【中国電気製TFA】

リアクトル電流(Sh.R)をサイリスタ(SCR)で位相制御し、固定容量のコンデンサと組み合わせることで進相から遅相まで任意の無効電力を発生させて、配電線の電圧を連続的に調整する装置です。
reactTCR


お問い合わせ